施工事例

眺望を愉しむ海外オーナー様の別荘

山麓の急斜面から市街を見晴らすように建つこちらの住宅は、海外オーナー様の別荘。

もともと北海道が大好きで、冬の間はウィンタースポーツに励むお子様たちと札幌に家を借りて過ごす、というライフスタイルを楽しんでいました。上のお子様が小学生になるのを機に、暮らしの中心を札幌に移すべく、別荘を建てることに。
情報収集をしている中、目に留まったのが当社のモデルハウスQ1.0-Rでした。大開口の窓があるにも関わらず、外気温の影響を受けにくいQ1.0住宅で、性能もデザインも一目ぼれだったと言います。
ご主人様のご希望は、自然豊かな近隣の景色を眺望できるデザイン。海外と日本で密なコミュニケーションをとりながら、スピード感をもって家づくり計画は進んでいきました。そして完成したのが4層、2階建てのスキップフロア住宅です。

吹き抜けを囲む階段

玄関を入ると頭上に広がるのは大きな吹き抜け。その吹き抜けを囲むように階段が配置され、高さの異なる4つのフロアにガレージ、主寝室、子供部屋、そして最上階にLDKがあります。敷地の傾斜をしたスキップフロアは移動するごとに目線の高さが変わり、新鮮な感覚を与えてくれます。

ダイナミックな景色が広がるリビング

最上階のリビングの天井の高さは410mm、上下に配置した大開口の窓からは、近隣の家並みを通して、札幌近郊の山並みを一望できます。造作のソファに腰を掛けて、薪ストーブの赤い炎を眺めながら白い景色にみとれる時間は、雪のない地域に住まれているオーナー様ご家族にとっては極上のひとときだそう。

バーカウンターのようなスタイリッシュキッチン

奥様のご希望はキッチンスペースと収納の充実。キッチンとダイニングテーブルは一体化し、モールテックスで仕上げ、間接照明で雰囲気を出すなど、スタイリッシュな空間に。パントリー兼家電収納スペースを別で設けているので、整理整頓も快適です。

離れていてもコミュニケーションを密に

オーナー様は海外在住であったため、実際にお会いし打合せ出来たのは3~4回ほど。言語の違いもあった為、ビジュアルツール等を駆使してイメージを共有したり、LINEで密にコミュニケーションをとる等、分かりやすいご提案を心掛けながらお話を進めていきました。

最後に完成した家を見て「最高!」と喜びを伝えてくれたオーナー様。春夏秋冬、それぞれに美しい景色が広がる北海道。その移ろいをこの家でこれまで以上に感じて、楽しんでほしい、スタッフ一同そう願っています。

家族構成 ご夫婦、子供2人 延床面積 169.28m²
UA値(外皮平均熱貫流率) 0.3 C値(気密性能) 0.46