ホーム > スタッフ紹介 > 村田 繁治

スタッフ紹介Staff

お客さまの求める家への想いを
手描きパースに込めて

村田 繁治

設計部 チーフプランナー 注文住宅の設計 資格:二級建築士

murata_draw.jpg2001年入社、3人のプランナーが所属する設計部のまとめ役としてチーフを務めながら、お客さまの注文住宅やモデルハウスの設計を手掛ける。入社前は実家の工務店を継いで設計から現場監理、大工などをマルチにこなしていた。その頃アシストホームの物件にも携わっていたが、岡本社長の「君は何がやりたい?」という質問に、かねてから考えていた設計者になることを決意してアシストホームへ。それから約15年間、一般的な住宅だけでなく「より良いデザインやバリエーションを求めて」猛勉強し、設計者限定の見学会など優れた住宅に足しげく通って設計力を開花させた。

アシストホームの設計では、例えば制限された土地条件をクリアするために、あっと驚くような空間づくりを行う。また、どの住宅に対してもさりげない個性を生み出す「プラスアルファ」の提案をするのも得意だ。なお、お客さまにお渡しするパースは必ず手描きで渡している。"夢"をカタチにするこの完成予想図は「"これから真剣に家づくりをしていきます"という思いの表れでもあります」。
自分の性格は「あまり気にしないこと」。石狩市の海近くにみずから設計した家を持つ。早朝と夜には犬の散歩を欠かさず、吹雪の日にはゴーグルを付けて歩く。

スタッフより

「デザインに凝った家づくりが得意。モデルハウスはすべて手掛けている」 「遊び心を持った人。お客さまが楽しくなるプランをつくります」 「落ち着いていて都会的」 「空間の魔術師です」(設計スタッフより)

株式会社アシスト企画
〒001-0925 札幌市北区新川5条16丁目6番5号