ホーム > スタッフブログ > スタッフ  >  遠藤 直子

スタッフブログStaff Blog

 

こんにちは。


注文住宅を建築する、または分譲住宅購入などの場合、住宅ローンを組む方が大半かと思われます。

その際に、火災保険に加入することが条件となっていることが多いです。

住宅ローンを組まれたのが、ずいぶん前でそのままほったらかし・・・という方は内容を把握していらっしゃいますか?

 

2187155_s.jpg

 

以前は、住宅ローンを組んだ年数(35年借り入れなど)分、一括でお支払いをしていました。

しかし2015年10月以降は、最長で10年の保険期間となっています。なぜ10年を超える保険期間が廃止されたのでしょうか。

 

大きくは、

 

①   長期間になるとその間に保険内容が、建物・家財の実態とずれてしまうおそれがあるから。

 

②   自然災害なども多くなり、保険会社が長期的なリスクの予測をするのが難しくなったから。

 

③   経済状況など不確定要素が大きく、保険契約者にも保険会社にもメリットが乏しいから。

 

などが主な理由となります。

 

 

最近、多いご相談は、「自分たちが加入している保険には地震保険が付いていない。水災害も付いていない。どうしたら良いか?」という内容です。

火災保険の商品やプランによって様々なので、一概には言えませんが、途中付加する事のできるプランもありますし、一度解約をしてから、加入し直さなくてはならないプランもあります。

 

2260433_s.jpg


最近は地震災害が多くなり、地震保険についてご質問されることも多々あります。

基本的な内容ですが、少し書かせていただきます。

地震保険は、単体では加入することができませんので、火災保険と一緒に加入しなければなりません。地震が原因の火災に対しては、地震保険からしか補償されません。しかも、火災保険金額の半分までの金額という決まりがあります。例えば、火災保険の建物価格を2,400万円だったとすると、地震保険は半分の1,200万円となります。地震が原因の火災で建物が消失したとしても、1,200万円までのお支払いになります。なお、オプションで残りの半分を補償してくれるプランもありますので、内容をよくご確認くださいませ。

加入期間は1年更新や、5年更新です。もちろん5年更新の方が割安となりますので、なるべく5年更新がよろしいかと思われます。

建物の耐震等級割引や建築年割引もありますので、建物の内容もご確認くださいませ。

ちなみに地震保険は年末調整で行う保険料控除の対象となっております。

 

 

他にも、家の模様替えをしていて、誤って床を傷つけてしまった場合などに補償される、破損・汚損ですとか、泥棒が窓ガラスを割って侵入した際の直しなど、様々な補償があります。

 

 

いざ事故が起きた時に何も出ない保険では、加入している意味がありません。

何かあった時のための保険です。

ですが、あれもこれも・・・とオプションだらけにしてしまうと、保険料がものすごく高くなってしまいます。

よく検討をして、ご自分達の生活の内容に沿った保険に入ることをおすすめします。そして、時々見直しをしてみてください。

 

もちろん、弊社でも損害保険の代理店をやっておりますので、何かございましたらご相談くださいませ。

 

 

「新築のニオイっていいよね~」と仰る方、気をつけてください。

あのツーンとする独特なニオイ、実は『化学物質』のニオイなんです。

 

昔の住宅は風通しの良い作りでした。

しかし、省エネルギー対策の住宅が多く作られるようになり、高気密・高断熱は必須となる時代となりました。それに伴い、住宅の建材や日用品等から発生される化学物質が室内に充満し、それらを取り込んだ居住者が健康被害(倦怠感、頭痛、湿疹、喉の痛み、目や鼻の痛み、等・・・)を受けることとなりました。これがいわゆるシックハウス症候群です。

 

2003年(平成15年)7月1日、シックハウス対策のための規制が導入された建築基準法が施行されました。対象となるのは住宅、学校、オフィス、病院等、全ての建築物の居室です。

主なポイントは、

①   内装仕上げの制限

     ホルムアルデヒドの発散量が多い建材ほど、使用面積が制限されます。

     発散量が少ない建材には使用制限はありません。

②   天井裏などの制限

     同じように、発散量によっての制限があります。

     天井裏の通気止めや、天井裏も換気できるようにする、など。

③   換気設備設置の義務付け

     24時間換気できるシステムを設置しなければなりません。

     住宅の居室であれば、1時間あたりに居室の空気の半分の量が入れ替わるだけの換気性能が義務付けされています。

 

 

しかし、これだけの制限や義務付けされていても、現在でもシックハウス症候群に罹患する方もいて、診断や治療が難しいなど全ての問題が解決したわけではありません。また、シックハウスなどをきっかけに微量の化学物質に触れるだけで体調を崩す化学物質過敏症は、より治療が難しい現状があります。

 


 

3520710_s.jpg「シックハウス症候群で他のモデルハウスは入れなかったのに、アシストホームは大丈夫だった」

こんなお客様の声をお聞きすることも、当社では珍しくありません。

これは、空気の質を改善する「S.O.Dリキッド工法」を採用しているから。

 


一人でも多くの人が健康で明るく暮らして欲しいという思いから、創業当時からシックハウス対策として取り組み、特許を取得した「S.O.Dリキッド工法」。

壁や天井・家具にスプレーするだけで、空気中の有害物質を分解・無害化する壁紙をはがさないシックハウス対策です。

 

主な効果は大きく4つ。

①   VOC分解効果

     シックハウスの原因となるVOC(揮発性有機化合物)を常時分解・除去します。

②   消臭効果

     タバコやペットなどのニオイの原因となる物質を分解・除去します。

③   抗菌・防カビ効果

     大腸菌・黄色ブドウ球菌、カビ菌などを分解・抑制します。

④   抗ウイルス効果

     室内のインフルエンザウイルスを不活性化し、ウイルスの数を大幅に減少させます。

 


空気は目に見えない為、あまり意識をしていないかもしれません。3296952_m.jpg

でも、自分たちの健康のことを考えると、とても大事なポイントのひとつです。

昨今の現状を見てみると、「ウイルスの数を大幅に減少」なんて、もしかするともしかするのかも・・・!と期待してしまいますね。

 


S.O.Dリキッド工法」は、弊社の新築住宅(注文・分譲共に)は標準で施行しております。

弊社の建物ではない方や、リフォームがきっかけでアレルギーがひどくなった方、新車を購入してニオイがキツイ、など、「空気環境」でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談くださいませ。

 

詳しくはこちらもご覧くださいませ。

http://www.assist-riken.co.jp/

 

 

「収納がたくさんあれば、モノが散乱することなく暮らせる♪」

「とにかく収納が大事!」

・・・と、お考えではないでしょうか?


 

3257193_m.jpg弊社の建売住宅でも、収納は考えて作っています。

でも中には、実際の建物をご覧になって「ぜんぜん収納が足りな~い」と言われる方もいらっしゃいます。

いえいえ、ちょっと待ってください。

いったいどれだけのモノをお持ちですか?

 

 

 

これから新しい住宅を建てる方、建売住宅を購入される方、リフォームをされる方、新しい住まいで快適に生活をしようとお考えの方。

「ここにこれだけの収納が欲しい」というのもわかりますが、本当に収納がすべて解決してくれるのか、まずはモノの持ち方を考えてみましょう。

 

 

皆さんはご自分の持ち物がどれだけあるか、確認をしたことがありますか?2630219_s.jpg

私は、数年前に整理収納アドバイザーの講習を受けたことがあります。

「自分は片付けが苦手で・・・。」

という方は、ぜひ一度受けてみることをオススメします!

講習を受けた後、すぐに片付けがしたくなりますよ!(私はキッチンにまず手を付けました。)


 

 

次の3つのポイントを押さえて、小さなスペース(引き出しの中など)から始めてみてはどうでしょう?

 

①   モノの量を把握する

例えば、私はキッチンからやってみましたが、洗面台などでもいいと思います。

まずは、別のスペースに「全部出し」をしてみます。これによってどれだけのモノがあるのか、量がわかります。「これ、こんなにいらないかも」と気付くこともできます。

 

②   「使う」「使わない」で分ける

「いる」「いらない」で仕分けるのではなく、「使う」「使わない」で分別しましょう。

「いつか使うかも」は、ほぼ使いません。1年使用しなかったモノは処分してしまいましょう。

どうしても処分ができない場合は、「売る」「譲る」なども考えてみてください。

 

③   「使うモノ」をしまう

使用頻度に合わせて収納しましょう。

「毎日使う」「ときどき使う」「年に1回程度使う」など、それぞれモノの出番が違います。よく使うモノほど、出し入れのし易いところに収納です。

 

 


収納はたくさんあるだけじゃダメなんです。

「使わないモノをしまっておく」のが収納ではないのです。

「使うモノを出し入れしやすくしまっておく」のが収納の正しい使い方です。

 

最近は「断捨離」という言葉も随分浸透してきましたね。

お家時間が増えた今だからこそ、改めて家のモノを見直してみてください。

不要なモノを処分すると、新しいスペースが出来ます。

そこを今度は、自分達家族が楽しめる場所として、作ってみてはいかがでしょうか。

もちろんD.I.Y.でもいいですし、自分ではちょっと・・・という方は、ぜひ弊社にご相談くださいませ。

整理収納のアドバイスから、リフォームまで、承りますよ♪

 

 

 

こんにちは。


弊社の分譲住宅(=建売住宅)は、2階リビングが『ほとんど』というほど多いです。

他社さんでも今は随分2階リビングの分譲住宅も増えてはいますが、お客様の中には、「2階リビング初めて」という方もいらっしゃいます。

なぜアシストホームの分譲住宅は2階リビングなのか?月寒西5-6_200208_0031.jpg

理由はズバリ、『土地』です!



「今アパート暮らしだけど、やっぱり戸建てが欲しい!」

「戸建ては欲しいけど注文で建てるほどの資金の余裕がない。」

「子どもが走り回って音がうるさいと階下の住人から言われた。」

「それほど広さは求めないが駅までの距離が近い方がいい。」

「分譲住宅でも住宅性能は気になる。」

分譲住宅をご希望される理由は様々です。



弊社の分譲住宅は、『駅から徒歩圏内』『2階建て』『駐車スペース2台分』『3LDKか4LDK』が基本となっています。もちろん大事な住宅性能は落としません。

土地を選ぶ上で一番に考える事が『駅から徒歩圏内』です。それから前面道路幅、学校やスーパーへの距離、隣接する建物、価格・・・色々と検討します。

分譲住宅の場合、完成した物件を購入していただくことになりますので、立地はとても重要になります。コロナの影響でこの先、多少は変化する可能性があるかと思われますが、前々回の内容の『価値の下がらない不動産』の意味もあります。



弊社の分譲住宅の建物は、住宅性能が高いです。その高い住宅性能の家にする為の建築にかかる費用+適正な利益をいただいて建物価格を設定しております。

例えば、1000万円の土地+建物と、1500万円の土地+建物、で考えるとその差は単純に500万円。価格の高い土地に建築すると、自ずと販売価格も高額になってしまうのです。

しかし、やはり分譲住宅は手の届きやすい価格でなければいけないと思うのです。




駅から徒歩圏内の土地を選ぶ。

→価格が高い。428-illustration-realestate.png

→そうすると広い土地は難しい。

→狭くても敷地いっぱいに建てられる用途地域を選ぶ。

→周辺はアパートなど高さのある建物がある。

→そうすると1階リビングでは暗くなってしまう。

→1階にはほとんど夜しか行かない主寝室にすれば暗さは気にならない。

→じゃあ昼間のほとんどを過ごすリビングを2階にすれば明るい!という理由です。

 

 

 


2階リビングはメリットもいっぱい。

●直接のお日様が望めない方角でも明るい!

●外を歩く人の視線が気になることがない!

●カーテンを閉めっぱなしにしなくても大丈夫!

●耐震性が良くなる!

●カーポートを設置してもリビングが暗くならない!

●冬は2階リビングが暖かい!

●階段の登り降りが運動になる!

●おまけに、2階にはあと2部屋洋室があります。お子さんが帰ってきてリビングにいる親と挨拶をしてから部屋に入ることが出来ます。反抗期に差し掛かっても、親の知らない間に家を抜け出すことはありません!


 


どうです?2階リビングっていいと思いません??

ぜひ一度、現地をご覧になってみてくださいね!




 

こんにちは。

 

本日、39県で緊急事態宣言が解除されました。

札幌では未だ自粛要請の続いている状態ですが、皆さんの生活はいかがでしょうか。

実際に休業されている、または仕事自体がなくなってしまった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。バイト先から解雇された学生さんの話しも聞きます。

また休校が続き、ずっと自宅にいるので食費が増えたということもあります。

 


生活費が増えて、収入が減る。

以前の生活なら、余裕で支払えていた「住宅ローン」が、今の生活では返済が厳しい・・・。

 

 

そんな方は早めに、銀行などの金融機関へまずはご相談ください。

各銀行は、住宅ローンに関して専用の相談窓口を設けています。

返済プランの見直しや、期間延長にも応じてもらえるかもしれません。変更に伴う手数料免除なども対応している場合もあります。

 

 


しかし、どうしても返済が厳しく、住宅を手放すことを考えましたら早めに行動を起こす方が傷が少なくて済むかもしれません。

銀行へ相談もなく返済が滞ってしまうと、最悪、「競売」にかけられてしまいます。

その場合、市場の売却価格の6~7割まで下がると言われています。

通常、住宅ローンが完済できない時、その家を売りに出すことはできませんが、金融機関の了承を取り付けた「任意売却」という方法もあります。

また、そうなる前に不動産会社に「買取り」してもらう方法もあります。

 

 

①   銀行へ相談380947.jpg

②   市場への売出し

③   不動産会社が買取り

④   任意売却

⑤   競売

 

という優先順位でしょうか。

 

今後、更に住宅ローン返済が困窮な方向けの救済策が打ち出される可能性もあります。

しかしどちらにしても、まずはどこかへ相談することをしてください。

もちろん、弊社の不動産部へもご相談くださいませ。

少しでもお力になれましたら、と考えております。

 

こんにちは。


例えば住宅を建築した、又は購入した後、なんらかの事情でどうしても引っ越しをしなくてはならない事態になった時、あなたならどうしますか?

『売却』?1906138.jpgのサムネール画像のサムネール画像

『賃貸』?

どちらも可能ですね。

その時に大事なことがあります。

購入した時から資産価値が下がっていないことです。

 


おそらくほとんどの人が銀行などの住宅ローンを借ります。

決済の時点から30年や35年の長期に渡り支払いをしていくことになります。

その場合、もし借主に最悪な事態(死亡・高度障害等)が起きた場合、住宅ローンを支払わなくても良い『団体信用生命保険』という保険をかけて、融資を受けることになります。

万が一、その『最悪の事態』が起きた時でも、この場合ですと残債はゼロになります。

しかし、さまざまな理由から家の売却をしなければならないこともあります。

その時に住宅の価値が大きく下がってしまっていたら、売却代金でローンを完済できず、家を失った上に住宅ローンだけが残るといった事態に陥る可能性もあります。

 


647611.jpgのサムネール画像『保険』をかけて『不動産』購入をする。

すなわちそれは『命』を担保に『不動産』に投資をしていることと同じです。

投資家であれば、資産価値の高いものに投資をし、資金回収ができるようにするのは当たり前の事です。

この感覚を持つことが、不動産購入をする際には大事なこととなります。

 

『不動産』というと土地・一戸建て・マンションの3種類を指すことが一般的ですが、建物はどうしても経年劣化があり、価値としては年々下がっていくものと考えてください。

 土地は、というと経年劣化はほぼありませんので、土地の価値が不動産の価値に大きく関わってきます。

 

 

 

では実際に資産価値の下がらない不動産、又は下がりにくい不動産とはどういったものでしょうか。 

 

 

●立地が良い

駅から徒歩圏内など交通の便が良い場所は、相変わらずの人気エリアです。

札幌であれば地下鉄に歩ける距離のエリアは人気です。


●周辺環境が良い

商業施設、学校、病院などが周辺にあるところは、生活していく上で大変便利です。

 

●安全な場所

最近は地震も多く、その為に液状化現象となる地域が出てきました。

今はハザードマップが誰でも簡単に見られるようになっていますので、ぜひ確認してみてください。

 

●付加価値がついている

「建物は経年劣化によって価値が下がる」と書きましたが、付加価値がある建物ではどうでしょう。

例えば弊社でも取り組んでいますが、『長期優良住宅』というグレードの高い建物です。

その名の通り、「長期にわたり良好な状態で使用するための措置が取られた優良な住宅」です。

性能(耐久性・耐震性・維持管理の容易性・可変性・省エネルギー性等)+維持保全(点検・修繕)=長期優良住宅です。

定期的に点検と修繕が必要となりますが住宅履歴というカルテが残ります。

これは売却する際の査定には、とてもプラスの評価となります。

 

 

どうでしょうか。298804.jpgのサムネール画像

資産価値が高く、しかもその価値が下がりにくい住宅を選べば、万が一の時にも、賃貸に出して家賃収入を得ることもできますし、売却して住宅ローンの残債をなくすことも無理ではありません。 

賢い不動産選びのポイントは、購入した価格と将来売却する際の価格の差が少ない物件を選ぶこと。

この価格差が少ない物件を『リセールバリューの高い物件』といいます。


ぜひ、投資家の目線で不動産購入をしてくださいね。

 

こんにちは。

 

転勤やなんらかの事情で自宅を売却しなくてはならない事があった場合、もちろん『安いよりは高く販売できた方が良いなぁ。』と思うのは当たり前のことです。


job_fudousan_kanteishi.pngそういった場合、一般的には不動産業者へ自宅の査定をしてもらい、その不動産業者へ販売の依頼をする、という事が多いと思います。

その時に気を付けなければいけない事が『査定価格』です。


不動産の査定価格というものは、多くは近隣の販売状況・成約状況を調べて、実際に現地を訪問し、価格を提示します。また、査定ソフトを使用して査定する会社もあります。何社かへ査定価格を見積りした場合、それぞれの会社によって金額の幅があることに驚く方も多くいらっしゃいます。

woman_question.png

 

それは何故か?

 


不動産業者は、仲介手数料というものをいただくことで商売をしています。まずは売却主から、『この物件を販売してください。』という依頼(媒介契約)がないことには、仲介手数料も発生しません。なので、そのままの金額ではちょっと無理かと思われる高い価格を提示しても、自分の会社を選んでもらえば、まずは第1段階クリアなのです。

 

しかしちょっと待ってください。

 

そもそも販売金額というのは、売却主の希望金額で決められるのです。

ご自分が『この金額で販売したい。』という希望があれば、不動産業者もそれを聞いてくれます。(もちろん周辺相場から逸脱して高いと、買い手は見つかりにくく、長期に渡り物件が残る場合もあります。)


house_2f.png

何が言いたいかというと、『高い査定価格を出したところが正しい』という訳ではないのです。高い査定価格を出しても、売れなければ意味がありませんからね。

 

その担当者は、誠意を持って対応してくれていますか?あまりにも高い査定金額を出していませんか?根拠があってその査定価格を提示していますか?きちんと物件を調べて査定価格を出してくれましたか?

 

『大丈夫です!○○○円で絶対売れますから!ウチに任せてください!』というセリフにはくれぐれも気を付けてくださいね。

 

 

こんにちは。

「子どもが走り回るようになって階下に迷惑が・・・。」

「住宅ローンを組むなら年齢的にもそろそろ・・・。」

「やっぱり戸建に住みたい!」etc・・・。

そう考え始めたら今がちょうど良いタイミングかも。

 

 

消費税が10%になり、住宅購入すると負担が増すのでは?と考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。ダウンロード (1).jpgのサムネール画像

実は増税後の軽減措置により、お得になる事も増えたのです。

 

 

 

 

住宅ローン控除が10年→13年に期間延長!

年末ローン残高(上限4000万円)の1%相当額が、所得税や住民税から控除される制度ですが、消費税UPに伴い期間が延長され、控除額が最大80万円増えました。

11年目からは毎年『建物価格の2%×3分の1』か『年末ローン残高の1%』のどちらか少ない方が適用されます。

一部の高額物件は除き、消費税増による負担増がほぼ相殺される仕組みです。

こちらの恩恵を受けられるのは2020年末までに入居できる物件のみです。

 

 

すまい給付金も最大50万円にアップ!

給付額は最高30万円だったが、増税後は50万円にアップ。ダウンロード.jpgのサムネール画像のサムネール画像

年収制限も510万円以下が対象だったが775万円以下に緩和されました。

こちらも期限があり、2021年末までの入居出来ることが条件です。

 

 

親や祖父母からの資金援助でお得!

住宅資金贈与にかかる贈与税がゼロになる「非課税枠」が700万円から2500万円に大幅アップ!

110万円の基礎控除と合わせ、贈与額2610万円まで贈与税がかかりません。

また、省エネ性・耐震性・バリアフリー性のいずれかの基準を満たす住宅の場合、500万円加算されます。

こちらは2020年3月31日までの契約が対象です。

 

(いずれの場合も諸条件があります。)

 

 

これから注文住宅だとちょっと間に合わないかも・・・という方、分譲住宅はいかがでしょうか?

見学も出来ますよ!

 

新琴似5-8_191220_0151.jpg

株式会社アシスト企画
〒001-0925 札幌市北区新川5条16丁目6番5号