ホーム > スタッフブログ > スタッフ

スタッフブログStaff Blog

 

北海道初

2021年7月 2日 10:07

皆さん、こんにちは。

 

 

先日、北洋銀行から発表がありました。

同性パートナーや事実婚のカップルも、住宅ローンが組めるようになりました。

 

 

以前にブログでも書かせていただきましたが、ほとんどの銀行が住宅ローンを借り入れする際の連帯保証人や連帯債務者は原則、法律婚の配偶者でした。

一部の銀行では、先行して行っているところもありましたが、北海道の銀行はまだでした。

実は私も各銀行へ「同性婚の方たちの住宅ローンは組めませんか?」と問い合わせをしておりました。

ようやく!といったところですね。

 

 

同性パートナーの場合は、札幌市などで発行された『パートナーシップ制度証明書』か『合意契約に係る公正証書』等が必要となります。

(こちらもブログで書かせていただいておりますので、ご参考にしてみてください。)

事実婚の方たちはもちろん、兄弟姉妹での住宅ローンの借り入れができるようになりました。

 

 

私たちはどんな方にも『暮らしを楽しむ』をコンセプトに、住まいづくりのお手伝いをしたいと考えております。

お住まいに関すること(建築・不動産・リフォームなど)は弊社へご相談くださいませ。

もちろんオンラインでも大丈夫です。

 

 

北洋銀行からのお知らせはこちら

 

皆さまこんにちは!

昨年の8月より実施している「オンライン相談」ですが、徐々に利用される方が増えております

 

 

オンラインのメリットとしては、

1. 移動時間がかからない

→特にお休みが不定期な方や遠方の方におすすめです

 

2. お子様を自宅で見守りながら打合せが出来る

→打合せ中にお子様が後ろで手を振ってくださることもあります☆

 

3. リラックスしながら相談できる

→自宅の落ち着いた空間で、コーヒーを片手に参加される方もいらっしゃいます

事務所に行くのはハードルが高い…、という方にもおすすめです

 

まだまだ油断できないコロナウィルスの感染拡大防止のため、「非対面」で相談できる部分も魅力的ですよね

 

2640400.jpg

 

 

 

ご興味がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

少しでも皆さまのお役に立てましたら幸いです(*´ω`*)

 

皆さんこんにちは。

今日は新しく仕入れました土地のご紹介です。
人気の厚別地区になります。

所在 厚別区厚別東4条5丁目
土地面積 約38.34坪(2区画あり)

今回仕入れた土地の特徴としてはもみじ台通に面した両面道路で陽当りも良く、前面道路には都市ガス管もあります

価格や詳細についてはお気軽にお問い合わせください。
建築条件付きですので合わせて建物についてもご相談ください。

お問い合わせ先 0120-670-707

皆さまこんにちは。

暑い日が続きますね(-_-;)

 

 

 

現在公開中のモデルハウス「ILO ミモザVer」のイメージブックが、ようやく完成しました!

IMG_6237.jpg

 

 

 

 

 

私が手掛けて2作目となりますが、今回1番難しかったのは下のドアの絵です。

ペンではなくパソコンのマウスを使ったので、なかなか思うように線が描けず苦労しました…。

IMG_6238.jpg

 

 

 

モデルハウスへご来場いただいた皆様に差し上げていますので、ぜひご予約の上お越しくださいませ♬

※近日中にホームページでもPDFダウンロードが出来る予定です

 

皆さまの住まいづくりのヒントになりましたら幸いです!

 

 

 

皆さまこんにちは。

昨年末より、空いた時間を利用してショールームの改装を行ってきましたが、未だ完成せず…。

改装は地道に続けております。

先日また少し変わりましたので、少しですがご覧ください♪

 

 

IMG_6133.jpg

before  中央の靴はお気になさらず…

 

 

 

IMG_6159.jpg

after  どこが変わったか、わかりましたか??

 

 

 

 

IMG_6159 - コピー.jpg

answer カウンターとペンキの色見本の周りを塗装しました!

 

 

次はタイルを張りますので、またご紹介したいと思います。

ではまた(@^^)/~~~

皆さまこんにちは。

GW休暇はゆっくり過ごせましたか?

 

家で過ごす時間が増え、改めて暮らしかたや住まいの見直しをされている方が多いのではないでしょうか。

リフォームのご相談が増えているのも、その影響かなと感じています。

 

 

心地よい空間や住環境をつくるのは、そこに住んでいる『人』です。

 

 

点検などでお客様宅にお伺いすると、皆さまそれぞれに暮らしを楽しんでいる様子が伝わり、とても嬉しく幸せな気持ちになります♬

 

家は人が住んでこそ素敵な空間になるんだなぁ…と日々感じております。

 

 

 

IMG_3193.jpg

before お引き渡し時

 

 

 

 

10-03_kita43_18.JPG

after お客様のセンスで、とても素敵な空間に♪

 

 

 

暮らしを楽しむ住まいづくりに興味がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね☆

 

 


皆さまこんにちは。

先日OPENした手稲区富丘のモデルハウスで、プロのカメラマンによる撮影がありました!

少しだけその様子をお伝えいたします。

 

 

①まずは撮影用にインテリア小物を準備

IMG_5829 (1).jpg

before(飾りつけ途中)

 

 

IMG_5840 (1).jpg

after(暮らしが見える雰囲気になりました)

 

 

 

②事前打合せのイメージに合わせてアングルを決めます

IMG_5842 (1).jpg

イケメンのカメラマンさんでした☆

 

 

③撮影した写真を確認しながら不足分のカットを撮影

IMG_5834 (1).jpg

いつもお世話になっているスマート編集長のS様



完成した写真は、イメージブックやホームページに掲載予定です。

どうぞお楽しみに(^^)/

 


皆さん、こんにちは。

 


17日、札幌地裁は「同性婚不受理」は違憲性を認めつつ、請求を棄却しました。


これは全国5地裁で争われている同種訴訟で初の判決となります。


司法が同性婚を認めた、と話題になっています。

 

 

 

札幌市では、互いの個性や多様性を認め合い、誰もが生きがいと誇りを持つことができるまちの実現を目指し、平成29年(2017年)6月1日より性的マイノリティに係るパートナーシップの宣誓制度を開始しました。(札幌市ホームページより)

 

 

 

まだ全ての自治体で採用されてはいない制度ですが、札幌市は全国で6番目、政令指定都市では初めてパートナーシップ制度が導入されました。


それ以外にもLGBTに関する取り組みとしては、

 

LGBTほっとライン

 

札幌市LGBTフレンドリー指標制度

 

札幌市版ALLY(アライ)マーク

 

LGBTへの理解を深める講演会(コロナの影響により令和2年度は中止となりました)』

 

などいくつかあります。


性的マイノリティに対する差別の解消や権利主張を目的に行われるパレードである

 

さっぽろレインボープライド

 

などの活動を運営する団体もあります。


LGBTに対しては今は色々な活動や入り口などがありますが、その中でも弊社のような建築会社が関わる『住まいづくり』にも取り入れていくべきだと考えております。


しかしまだ、同性カップルが住宅購入や建築するには『婚姻関係』がないことがハードルになることの方が多いのも事実です。

 

 

allysapporo.jpgのサムネール画像のサムネール画像


大きく関わってくる問題として、住宅ローンがまずひとつでしょう。

 

現金払いであれば(相続の問題は別にして)それほど難しいことはないと思いますが、ほとんどの方は住宅ローンを組むことになると思います。


お一人で住宅ローンを組む場合は、個人の年収や借り入れ状況などが判断の基準となりますので、異性でも同性でも同じことになります。


ではパートナーが戸籍上同性の場合はどうでしょう。

 


最近では大手銀行や地方都市銀行など、住宅ローンの配偶者の定義に同性パートナーを加える銀行が増えてきました。

 

2017年にみずほ銀行が商品改定をしたことを皮切りに、複数の銀行が同性カップルへの取り組みを開始しました。

 

一定条件を満たせば同性カップルが婚姻している夫婦と同様の扱いで収入合算やペアローンを組むことが可能となりました。

 


では銀行はどのような条件や書類を必要としているのでしょうか。


多くの銀行が求めている

 

合意契約に係る公正証書

 

任意後見契約に係る公正証書および登記事項証明書

 

といったものはどのような書類でしょう?

 

 


合意契約に係る公正証書


「2人が愛情と信頼に基づく真摯な関係であること、共同生活においてお互いに責任を持ち協力すること」などの当事者間が認めたことを証明する「契約書」です。

 

公証役場の公証人がその「合意契約書」を「公文書」にしたものが「公正証書」となります。

 

一般の書類に比べて証明力や執行力があり、法的な意味合いが強いものとなります。

 

 

 


任意後見契約


「将来、認知症などで自分の判断能力が低下した場合は、パートナーに生活面での手続きや財産管理を行ってもらいます。」とあらかじめお願いできる契約です。

 

そしてこの「任意後見契約」は「公正証書」でなければならないので、同じように公証人によって作成され、法務局に登記されます。

 

この任意後見契約が登記されていることを証明するのが「登記事項証明書」となります。

 

 

 

3051451_m.jpg

 


また、お二人で住宅ローンを組む場合、主に3つの方法があります。


ペアローン


お二人が別々にローンを組み(契約がふたつ)、それぞれの連帯保証人となります。

 

所有権はお二人が持つことになります。

 

メリットは住宅ローン控除が二人分利用できること。

 

ただし手数料は2倍となります。


注意点は団信(団体信用生命保険)です。

 

それぞれ団信に加入し、どちらかが亡くなるとその人のローン返済は免除となりますが、パートナーのローン返済は残ります。

 


収入合算(連帯債務型)


こちらはローンがひとつで収入合算をしお二人で返済していく、という契約です。


主債務者と連帯債務者として返済の義務はお二人にあります。


こちらも住宅ローン控除が二人分利用でき、手数料は1本分のみ。

 

主債務者が亡くなると返済免除となりますが、連帯債務者が亡くなるとローンは残ります。

 

ただしお二人で加入できる団信なら、どちらが亡くなってもローン返済は免除となります。

 


収入合算(連帯保証型)


連帯債務型と違い、こちらはあくまでお一人でローンを組み、パートナーは連帯保証人として主債務者が返済できなくなった場合のみ、請求を受けます。

 

住宅ローン控除はお一人分のみ。

 

こちらも主債務者が亡くなると返済免除となりますが、連帯保証人が亡くなってもローンは残ります。

 

この場合、連帯債務型と違って団信の対象にはなりませんので、その他の生命保険に加入しておくことが必要となります。

 

 

大事なことは、住宅ローンの支払いが終了するまで連帯保証人として義務があるということ。

 

もし万が一、別れてしまった場合でもローンが完済するまでは続きます。

 

長期に渡って組む住宅ローンは、将来のことも考えながら選んでください。


ご夫婦が離婚した場合、財産分与を求めることができますが、法的な婚姻関係ではない同性カップルの場合、それは難しいことがあり、もめることもあるそうです。

 

またどちらかが亡くなった場合、残されたパートナーは法定相続人ではないので、法律上はそのまま相続はできません。

 

法定相続人の親族が権利を主張したら、せっかくお二人で購入した家に住み続けられなくなります。

 

 

 

 


色々と考えなければならないことはありますが、愛するパートナーとの将来に向けてしっかりとした準備をすることは、お二人の幸せな生活には必要なことです。

 

暮らしを楽しむ』をコンセプトに住まいづくりをしている我々としては、結婚されているご夫婦だけではなく、シングルの方ももちろん、セクシャリティに関係なくすべての方のお手伝いができればと考えております。

 


お住まいに関することは弊社へご相談ください。オンラインでも受付しております。

 

 

 

※LGBTとは、Lesbian(レズビアン、女性同性愛者)、Gay(ゲイ、男性同性愛者)、Bisexual(バイセクシュアル、両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー、性別越境者、性同一性障がいを含むこともある)の頭文字をとった単語で、セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)の総称のひとつです。

 

 

家を片付けよう!

2021年1月29日 15:26

皆さまこんにちは。

昨年はコロナ禍により、住まいに対する考え方が変わってきたというお話を耳にしてきたと思います。

そこでふたたび?脚光を浴びたのが『整理収納』

おうち時間が増え、今まで見ないようにしてきた部屋のあれやこれ(ご想像にお任せします)、収納の使いにくさなどが気になり、改善したい!と考える方が増えたようです。

 

 

整理収納は持ち家(戸建て・マンション)でも賃貸でも、もしかすると生きている限りずっと考えずにはいられないことなのかなぁ?と気づき始めたときに出会ったのがこちらの本。

 

 

IMG_5464.jpg

 

弊社の「インスタグラムフォロワー様 プレゼント企画」で社長が用意してくれたのものですが、ちらっと中身を見ると写真が多く読みやすそう…。

もちろん自腹で購入させていただきました。

※お客様プレゼントは著者のサイン入りでした!

 

 

ちょうど半分読み終えたところですが、「確かにそうだよなぁ…」と共感してしまう内容ばかり!

片づけを始める前に読むとやる気スイッチが出そうなので、次のお休みに早速、玄関から取り掛かってみようと思います(*´ω`*)

ご興味がありましたら、ぜひ手に取ってみてください♬

 

 

 

 

皆さまこんにちは。

本日はリフォームについて、最近感じていることをお伝えいたします。

 

私事ですが、今年実家のリフォームを行いました。(外壁・屋根塗装、浴室交換など)

本当は自社で施工したかったのですが、施工地域外にあるため地元でのリフォーム会社探しから始まりました。

 

私は同業者なので工事内容がわかり、見積り金額も妥当なのか等判断がつきます。

そのため気になる一社にのみ声をかけてそのまま進めることにしましたが、お客様が依頼先を探す時は調べることも多く、見積りも何社か取ることもあると思います。手間もかかるし、工事の内容や金額が妥当か、依頼しても大丈夫か等不安だろうなぁと思いました。

 

 

284817.jpg

 

 

リフォーム中は実家から、工事の状況や様子が変など、普段はあまりかかってこない電話がたくさんきました。

 

母親「今日は家の壁にテープをたくさん貼っているだけなんだけど。何やってるのかわからない」

私「それは外壁を塗装する前の養生をしているだけだから大丈夫」

 

というように、本当に些細なことも気になるようで、たくさんのやり取りを行いました。

そうこうしているうちに、予定の工期を1週間程遅れて工事は無事完了!

 

今まで段差があり寒いお風呂に入りたがらなかった父親ですが、手すりも設置され、今ではお風呂に入るのが楽しみな様子♪

 

 

 

025767.jpg

 

 

 

 

契約後に追加変更で設置してもらった電動物干しは母親のお気に入りで、今までは椅子の昇り降りが必要だった洗濯物干しが楽になったようです。

リフォーム中は多少のストレスがあったようですが、リフォーム後の実家で嬉しそうに暮らしている両親の様子を聞いて、改めてリフォームの持つチカラを感じました!

 

リフォームでお悩み中でしたら、いつでもご相談くださいね。

 

 

 

794571.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社アシスト企画
〒001-0925 札幌市北区新川5条16丁目6番5号