ホーム > スタッフブログ > スタッフ  >  遠藤 直子  > 家の中を快適に過ごすのに大事なポイントのひとつ、『収納』について。

スタッフブログStaff Blog

家の中を快適に過ごすのに大事なポイントのひとつ、『収納』について。

2020年7月11日 10:02

 

「収納がたくさんあれば、モノが散乱することなく暮らせる♪」

「とにかく収納が大事!」

・・・と、お考えではないでしょうか?


 

3257193_m.jpg弊社の建売住宅でも、収納は考えて作っています。

でも中には、実際の建物をご覧になって「ぜんぜん収納が足りな~い」と言われる方もいらっしゃいます。

いえいえ、ちょっと待ってください。

いったいどれだけのモノをお持ちですか?

 

 

 

これから新しい住宅を建てる方、建売住宅を購入される方、リフォームをされる方、新しい住まいで快適に生活をしようとお考えの方。

「ここにこれだけの収納が欲しい」というのもわかりますが、本当に収納がすべて解決してくれるのか、まずはモノの持ち方を考えてみましょう。

 

 

皆さんはご自分の持ち物がどれだけあるか、確認をしたことがありますか?2630219_s.jpg

私は、数年前に整理収納アドバイザーの講習を受けたことがあります。

「自分は片付けが苦手で・・・。」

という方は、ぜひ一度受けてみることをオススメします!

講習を受けた後、すぐに片付けがしたくなりますよ!(私はキッチンにまず手を付けました。)


 

 

次の3つのポイントを押さえて、小さなスペース(引き出しの中など)から始めてみてはどうでしょう?

 

①   モノの量を把握する

例えば、私はキッチンからやってみましたが、洗面台などでもいいと思います。

まずは、別のスペースに「全部出し」をしてみます。これによってどれだけのモノがあるのか、量がわかります。「これ、こんなにいらないかも」と気付くこともできます。

 

②   「使う」「使わない」で分ける

「いる」「いらない」で仕分けるのではなく、「使う」「使わない」で分別しましょう。

「いつか使うかも」は、ほぼ使いません。1年使用しなかったモノは処分してしまいましょう。

どうしても処分ができない場合は、「売る」「譲る」なども考えてみてください。

 

③   「使うモノ」をしまう

使用頻度に合わせて収納しましょう。

「毎日使う」「ときどき使う」「年に1回程度使う」など、それぞれモノの出番が違います。よく使うモノほど、出し入れのし易いところに収納です。

 

 


収納はたくさんあるだけじゃダメなんです。

「使わないモノをしまっておく」のが収納ではないのです。

「使うモノを出し入れしやすくしまっておく」のが収納の正しい使い方です。

 

最近は「断捨離」という言葉も随分浸透してきましたね。

お家時間が増えた今だからこそ、改めて家のモノを見直してみてください。

不要なモノを処分すると、新しいスペースが出来ます。

そこを今度は、自分達家族が楽しめる場所として、作ってみてはいかがでしょうか。

もちろんD.I.Y.でもいいですし、自分ではちょっと・・・という方は、ぜひ弊社にご相談くださいませ。

整理収納のアドバイスから、リフォームまで、承りますよ♪

 

 

 

株式会社アシスト企画
〒001-0925 札幌市北区新川5条16丁目6番5号