SDGsへの取り組み

SDGs
  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくりを
  12. つくる責任つかう責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
  16. 平和と公正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成しよう
  18. 2030年に向けて世界が合流した「持続可能な開発目標」です

SDGs(エスディージーズ)」とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、
2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた、2030年までに持続可能で
よりよい世界を目指すための国際社会共通の目標です。17のゴール・169のターゲットから構成されていますが、
アシストホームでは以下の8項目について取り組みを行っています。

SDGsへの取り組み

  • すべての人に健康と福祉を

    3.すべての人に健康と福祉を

    アシストホームの家はダブル断熱を標準とした隙間の少ない高性能住宅です。夏は涼しく、冬は暖かい、温度差が少ない室内環境ですので、ヒートショックによる身体への負担を大幅に減らすことができます。また全棟に施工しているSODリキッドは空気中の有害物質を分解・除去する働きがあり、アレルギーの発生の抑制、症状軽減につながります。

  • 質の高い教育をみんなに

    4.質の高い教育をみんなに

    わたしたちは若手雇用の促進やインターンの受け入れによる就労支援の実施を行っています。

  • ジェンダー平等を実現しよう

    5.ジェンダー平等を実現しよう

    わたしたちは女性雇用の促進や役職の付与を行い、男女収入格差の解消に取り組んでいます。またLGBTに対する差別化を無くすために、社内教育の機会を設けています。

  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに

    7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに

    わたしたちは高気密・高断熱の省エネ住宅を標準とし、更にZEH対応やシェアでんきの活用、積極的なBELS認定等を行い、環境負荷の少ない住宅の普及に努めています。

  • 働きがいも経済成長も

    8.働きがいも経済成長も

    わたしたちはライフワークバランスを考えた働き方改革の推進を行っています。例えば建築業界ではなかなか難しいといわれる有給取得率の向上や、労働時間の改善に積極的に取り組んでいます。

  • 住み続けられるまちづくりを

    11.住み続けられるまちづくりを

    わたしたちはひとつひとつの住まいづくりが、街づくりにつながる意識を持ち、地域の人々や職人との結び付きを大切にしながら、暮らしや地域を豊かにする住まいづくりを行っています。

  • つくる責任つかう責任

    12.つくる責任つかう責任

    アシストホームの注文住宅は全棟「長期優良住宅仕様」です。木造住宅を長寿命化し、更にきた住まいるサポートシステムへ住宅履歴の登録を行うことで、お施主様が住まいの長期的な維持管理を行いやすいように努めています。またリフォームリノベーションにも対応し、既存住宅を大切に持続させていく手段を提案しています。

  • パートナーシップで目標を達成しよう

    17.パートナーシップで目標を達成しよう

    わたしたちは新住協に加盟し、同業ビルダーと共に、寒冷地でも暖かい高性能住宅の技術研究に取り組んでいます。その活動は地球環境の保全や住宅技術の復興、人々の豊かな暮らしに繋がっていくと考えています。これからも目標を同じくする方々との繋がりを大切にし、協力しながらよりよい住まいづくりを追求していきます。