ホーム > 新着情報 > 家づくりコラム  > 熱源の選びかた

熱源の選びかた

住宅を建築する際には熱源の選択が必要となります。

建築先の会社によっておすすめも異なるとは思いますが、一般的な内容について今回は書かせていただきます。

あくまでも参考の一つとして読んでいただけますと幸いです。

 

 

1. 都市ガス(天然ガス)

現時点では価格が安く、人気の熱源です。

都市ガスの管が通っている地域を、土地探しの条件としている方もいらっしゃいます。

 

653091.jpg

・メリットは、ガス管が地中に埋まっているので敷地にボンベなど置く必要がないこと

ボイラーを省スペースで置くことができる

また、現時点では使用単価が1番安いと言われています

 

・デメリットは、ガス管が前面道路まで通っていないと工事費が高くなること

地中にガス管が埋まっているので、何らかの工事で敷地を掘削するときには注意が必要です

 

 

 

 

 

 

2. LPガス(プロパンガス)

敷地内にバルクと呼ばれる大きいタンクや、ガスボンベを置いて使用します。

価格は都市ガスより高く、賃貸のLPガスよりはお安いのが一般的です。

 

653115.jpg

 

・メリット ボンベのタイプであれば、敷地内に省スペースで設置可能

室内に置くボイラーも省スペースで設置可能

災害時の復旧が早いと言われています(※被害状況による)

 

・デメリット 都市ガスに比べて使用料が割高な場合が多い

→契約先によっては都市ガスとあまり変わらない価格設定もあります

バルクを設置する場合は土台の工事費がかかる

 

 

 

※集中プロパンガス

集中プロパンガスは都市ガスのように地中にガス管が埋まっており、対象地域の方のみ利用できます

・メリットは、敷地にボンベを置く必要がないこと

・デメリットは、契約数に上限があるため、申し込みのタイミングによっては利用できない場合があります

 

 

 

 

3. 灯油

20年以上前の住宅では一番普及していた熱源で、当時は価格が最も安いと言われていました。

 

 

2445004.jpg

・メリット 灯油タンクに燃料を備蓄しておくことができる

コンセント不要のポータブルストーブに給油することで、災害時でも非常用の熱源として利用可能

 

・デメリット 価格の変動が激しい、灯油タンクを置く場所が必要

タンクから灯油を盗まれる可能性がある(※盗難防止の対策をされている方もいます)

 

 

 

 

 

 

4. 電気

10~15年位前の住宅で多かったのがオール電化住宅。当時はコストが一番安いと言われ、北海道では他県に比べ特に普及していました。

2590229.jpg

 

・メリット 火災の心配が少ない

創電のシステムがあれば、災害時に使用可能

 

・デメリット 設備にかかる初期費用が高い

 

 

 

 

 

 

どの熱源を選んでも、時代によって価格が変動するため、10年後・20年後はどうなっているかわかりません。

暖房システムとの組み合わせや使い方により光熱費が変わるため、どの熱源がおすすめか一概には言えませんが、

お客様の暮らしに合う熱源を一緒に考えさせていただきますので、ぜひご相談くださいませ。

 

 

 

株式会社アシスト企画
〒001-0925 札幌市北区新川5条16丁目6番5号