ホーム > 新着情報 > 家づくりコラム  > 住宅ローンの借入先を決めるタイミングはいつ?

住宅ローンの借入先を決めるタイミングはいつ?

皆さまこんにちは。

本日は「住宅ローンの借入先はいつまでに決めればよいのか?」についてご案内させていただきます。

 

 

4457626_m.jpg

 

 

1. 建売住宅の場合は、購入を決めたときでも間に合います

購入予算を決めるために「資金計画」を行っていただきたいので、できれば建物を見に行く前に色々と検討しておいたほうが良いと思います。

ただ、建売住宅の場合は支払いの流れが①申込金又は契約金(現金)②決済時(お引渡し前)と単純なので、購入を決めた会社の担当者に相談してから決めても大丈夫です。

 

 

2. 注文住宅の場合は、住まいづくりのはじめの段階が理想

注文住宅の場合、基本的には4回に分けて建築前、建築中、竣工時と支払いが必要になります。

①契約金      (建築費の1割)契約時

②着工金      (建築費の2割)着工前

③中間金      (建築費の3割)上棟時

④最終金・残代金  (建築費の4割)竣工時

住宅ローンを利用する場合は、建築会社によって②と③をまとめたり、②~④をまとめてくれるところもあります。

※アシストでは住宅ローンをご利用の場合、②と③をまとめて中間金としています。

 

この支払い方法に対応している住宅ローン会社を選ばなければなりませんので、注文住宅の場合は注意が必要です。

借りたいと思っている金融機関では対応できない場合があります。

※自己資金で②③に対応できる方は除く

 

 

土地から住宅ローンで購入される場合は、さらに支払いの流れが複雑になります。

 

土地は現金、建物は住宅ローンの場合も、土地購入前に建物分の事前審査を通しておくことをおすすめしております。

(信用情報や健康状態によっては住宅ローンが借りられない場合があります。)

 

 

注文住宅の場合、最終決定のタイミングは、アシストでは建物請負契約(本契約時)となります。

※土地から購入の場合は、土地の申込時が借入先最終決定のタイミングです。

 

 

住宅ローンについてのご相談も随時承っておりますので、ご心配な方はお気軽にお問い合わせください!

オンライン相談も承っております。

 

株式会社アシスト企画
〒001-0925 札幌市北区新川5条16丁目6番5号