ホーム > 新着情報 > 家づくりコラム  > 【家づくりコラム3】パートナー探しを始めよう・その1

【家づくりコラム3】パートナー探しを始めよう・その1

こんにちは!家づくりコラムです。毎度お付き合いいただきありがとうございます。今回からはいよいよ、家づくりのパートナー探しについてです。<(゚-゚=)キョロキョロ(=゚-゚)ゞ

納得のいく家づくりには、安心して任せられるパートナーの存在が不可欠ですよね。まずは、依頼先となるパートナーの種類から、ご紹介していきたいと思いますo(^o^)o


ca2e4a07f45bab8f0f1de5ed2efea4c1_s.jpg

■依頼先は大きく分けて3つあります

家づくりの依頼先は、大きく分けて3つになります。幅広い営業網と総合力が魅力のハウスメーカー、地域密着型でフットワークも軽い地場工務店やホームビルダー自分好みのオーダーメイドが叶う建築家(設計事務所)の3つです。それぞれ得意分野が異なるので、特徴を理解して、ご自分に合った依頼先をセレクトしたいものです。今回はハウスメーカーについてのお話です。


■依頼先その1・ハウスメーカー


全国展開.png 


そのブランド力から、信頼性も高く評価されるハウスメーカー。全国展開している企業も多く、幅広い営業網を持っています。土地探しや資金計画、アフターサービスまで、総合的で手厚い対応が期待できます。家づくりが始まると、複数のプランを提示してくれる一方、設備や仕様が規格化されており、自由に選べない点や、それ以外は特別仕様やオプション扱いとなり割高になってしまう点などは否めません。工場であらかじめ加工した部材を、現場に搬入するなどシステム化された家づくりで、部材やパーツの品質は比較的安定しており、工期が短いことも特徴です。


■家づくりの鍵になるのは営業マン

672741.jpgのサムネール画像


ハウスメーカーは住宅展示場に「モデルハウス」を建て、自社の商品紹介をしているところが多いので、気軽に実際の建物を見ることが可能です。モデルハウスはその会社の最高グレードで建てられたコンセプト・ハウスであるため、自分たちの予算や条件と照らし合わせた冷静な判断も必要です。

 モデルハウスには営業マンが常駐しており、詳細を聞くこともできます。ラフプランの段階では、営業マンがプランをつくることも多いので、モデルハウスでの営業マンの印象はとても重要です。詳細プランの段階になると、設計担当者が加わり細部を決めていきます。規格化された材料でつくる家なので、敷地の大きさや形状によってはプランが難しい場合も出てきます。

現場監督はメーカーの人材がつきますが、実際の施工は地元の協力工務店や下請け工事会社が多く、協力会社の技術力が建物の品質を左右する点も見逃せません。工事のチェック体制の確認も必要でしょう。


いかがでしたか?パートナー探し・その1はハウスメーカーでした。営業担当者が信頼できる人物であるかどうかや、標準仕様がどの程度のものなのかを把握しておくことがハウスメーカーの家づくりでは重要になってきそうですね。次回は地域に根付いたホームビルダー(工務店)にスポットを当ててご紹介。弊社もこのカテゴリーに入ります!是非お付き合いくださいヾ(*'-'*)

株式会社アシスト企画
〒001-0925 札幌市北区新川5条16丁目6番5号