施工事例

家族が集うこだわりの住まい

ダークでスタイリッシュな外観のこちらの家で暮らされているのは、ご夫婦と年子の幼い姉妹の4人家族。家づくりを開始し、インターネットで情報を集めていたところ、アシストホームの住まいづくりに目が留まったと言います。見学されたモデルハウスQ1.0-Rは生活しやすい動線や造作のクオリティをはじめ、自分たちの理想とする住まいに重なるものがあったそう。応対したスタッフの親しみやすい人柄にも安心感を抱き、「ここしかない」と住まいづくりのパートナーに選んでいただきました。

不安のあった陽当たり条件

敷地は三方を隣家に囲まれ、陽当たりに不安を感じていたご夫妻でしたが、プランナーの村田は家と家との間にちょっとした隙間があることに着目。そしてご提案したのが、建物に凹みをつくるようにテラスを設け、そこから採光するプランでした。テラスが住まいの中心となり、夏はBBQ、プール等家族の憩いの場となっています。

大人数が集えるLDK

LDKはご親戚がよく集まるとのことで、大勢で食事を囲まれるゆったりとした空間をご希望されていた奥様。リビングは床を一段下げ、周りにベンチをつくることで、そこに座ってリビングで遊ぶお子様を見守りながら、おしゃべりを楽しむことが出来ます。また、ベンチの下は収納になっているので、お子様のおもちゃ等をしまうことができ、リビングをいつもキレイに保つことが出来ているそうです。

キッチンは対面式でリビングダイニングを見渡せるように、そしてダイニングは広くスペースをとり、大人数が一緒に集えるのはもちろん、近い将来お子様が勉強する場所としても広く使えるようにしています。

2階の部屋からも光を取り入れる

2階には客間として和室を設けています。和室は引込戸を全開にすると広いオープンスペースとなり、同時にこの部屋からの明るい光を1階に降らせるように工夫しています。

こだわりの動線で家事が楽しく

水回りスペースも家事動線にもこだわった設計となっています。洗濯・物干し・収納という一連の流れがスムーズにいくように、玄関収納からクロークを経て、洗濯室、洗面脱衣室、浴室が全てウォークスルーで繋がっているのが特徴的です。この動線のおかげで時間に余裕ができ、お子様と触れ合う時間も増えたそうです。

ご新居に引っ越されてからお料理がますます楽しくなったという奥様。
隅々まで手入れも行き届いていて、こだわりが沢山詰まったマイホームで大切に暮らされているのが伝わってきました。

家族構成 ご夫婦、子供2人 延床面積 139.23m²
UA値(外皮平均熱貫流率) 0.25 C値(気密性能) 0.42