施工事例

デザインを追求したガレージ付きの住まい

ガレージと住棟がバランスよく配置され、ホワイトのガルバリウム鋼板に木の温もりをプラスした美しい外観。この住まいに暮らすのはご夫婦と2人のお子様の4人家族です。
オーナー様が住まいづくりにおいて大切にされたのは、「ガレージと家に一体感があり、全体としてのデザインが完成されていること」外観やインテリアまでこだわりつくした美しい住まいが完成しました。

エントランスアプローチを兼ねたガレージ

物置付のガレージを手前に設け、道路と建物の距離をとっています。アプローチを兼ねることで、冬場の除雪の負担を最小限に抑え、車も出し入れしやすい設計になっています。

やすらぎを感じられるLDK

1階にはLDKと客間、水回りを配置。気持ちがやすらぐ無垢の木をたくさん使いたいとのご希望から、テレビボードの背面やキッチンの腰壁には無垢板を張りました。建具をすべてホワイトでまとめているので、木の温かみがより引き立ちます。天井の低いダイニングと吹き抜けのリビング、ブラックのスケルトン階段でメリハリのある空間に仕上がっています。

南面のハイサイドライト

リビングの吹き抜けに設けたハイサイドライトからは2階のホールやリビングに爽やかな光が降り注ぎます。「太い梁を通して空が見えるのが好き」と奥様も気に入っています。

住んでみて実感した断熱性能

夏の猛暑を経験し、実感したのは断熱性能がすごく高い家だということ。
「外より家の中がだんぜん涼しい、暑い日は窓を閉め切って生活をしています」とご主人はお話されていました。

決め手は「自社大工のいる安心さ」と「細やかな女性目線」

ビルダー選びもとことん研究しなければ気が済まないというご主人は「地元の工務店であること、少なくとも20年以上の実績があり、地域で信頼されていること」を条件に20社以上をまわったそうです。最終的にアシストホームを選んでいただいた理由は2つあったといいます。

1つ目は「自社大工のいる会社」大工さんの強い責任感があってこそ、確かな手仕事が期待できると感じたこと。そして2つ目に「女性が活躍している会社」女性を大切にしている会社は「妻」「母」「主婦」の目線に立ち、柔軟なアイデアを提案してくれるに違いないと感じたこと。

マイホームを手に入れて感じるのは、日々の暮らしに余裕が生まれたこと。マンション暮らしの頃とは異なり、買い物から帰ってきても車を降りればすぐ我が家。そんなささやかなことまでもが幸せに感じられているそうです。

家族構成 ご夫婦、子供2人 延床面積 136.22m²
UA値(外皮平均熱貫流率) 0.38 C値(気密性能) 0.44