施工事例

暮らしを楽しむ北欧インテリアの住まい

フィンランド語で「楽しい」を意味する「hauska(ハウスカ)」。
ネーミング通り、「暮らしを楽しむ住まい」がコンセプトです。 プロデュースしたのは、アシストホームの女性チーム。
子育て世代にうれしい工夫が家のあちこちに散りばめられています。

冬の寒さが厳しい北欧は、家で過ごす時間が長いぶん、インテリアに対するこだわりも強いといいます。
暮らしを楽しむアイデアをたっぷりと盛り込んだ北欧テイストの住まいをご提案します。

なにより大切にしたのは「自然素材」のナチュラル感。
北海道産ナラの無垢フローリングや北海道産トドマツの建具を採用。
リビングや玄関は天然素材の塗り壁です。
一方で、ユーティリティなど水回りはお掃除しやすいビニールクロスやフロアタイルで仕上げ、実用性も忘れません。

「子育て環境」も重視しました。
たとえば玄関に手洗いスペースを設けたり、リビングとひと続きの空間にランドセルなどの収納場所を用意したり...。 お子さんの自発性を促し、整理整頓の習慣が自然と身に付くような「子ども導線」を採用しています。

自然素材のナチュラルカラーをベースに、ブルー・イエロー・グレーの3色をバランスよく配色したカラーコーディネートもインテリアの見どころです。

冬の晴れた日には太陽の光をいっぱい取り込む大きな窓には、最新のトリプルガラスを採用。真冬の札幌でも寒さ知らずです。
断熱性能はUA値0.28、熱交換換気を導入しているので、暖房費も経済的です。

アシストホームの「KURARA事業部」ほか、女性スタッフがアイデアを出し合って完成させた「hauska(ハウスカ)」。
細かなところに配慮が行き届いた、子育て世代のための住まいです。

家族構成 - 延床面積 114.63m²
UA値(外皮平均熱貫流率) 0.28 C値(気密性能) 0.29