施工事例

未来の暮らしを守るコートハウス

中庭のある暮らし

住宅性能を追求し、デザイン性も兼ね揃えた人気のQ1.0シリーズ。

こちらのQ1.0-R(キューワンアール)が目指したのは『未来の暮らしを守る住まい』。
「住宅性能」・「空間デザイン」・「空気のキレイな家」に「制震ダンパー」を導入して、上質で、30年後も安心の生活をご提案いたします。

外観は木のフェンスが目を引く、窓の少ないシンプルで斬新なデザインです。
雪の多い札幌で重宝するビルトインガレージを採用しました。

玄関を開けると、広い土間空間にアイアンの階段。その先には中庭。光と空間の広がりを感じられます。

中庭は1階の中心部分に位置し、完全なプライベート空間です。
お好みの空間にアレンジ可能な中庭では、流れる時間がいつもよりゆったりと感じられそうです。

都心にあることを忘れてしまう広がり感

2階はダイニングキッチンとリビングがスキップフロアでつながるユニークな設計。

家族や友人とホームパーティを開いたり、ときには夫婦で1日の出来事を話したり。キッチンの向かいのカウンターは、親しい人と心がつながる仕掛け。

将来まで安心の住宅性能

Q1.0-R(キューワンアール)は、断熱性能を表すUA値(外皮平均熱貫流率)が0.22W/㎡K。札幌版次世代住宅基準「ハイレベル」相当まで高めました。窓は世界トップクラスの断熱性能を誇る3重ガラス窓「APW430/431(YKK製)」を採用、大きくとった開口部でも冬の冷え込みを抑えます。

また地震への備えとして、制震ダンパーを4基設置。制震ダンパーは2018年から標準装備を開始しました。

ご家庭のさまざまな電気設備をスマートフォンでコントロールできる、パナソニックのスマートHEMSを導入。
最新のIT技術を取り入れたIoT住宅で、より快適な未来型のライフスタイルをご提案いたします。

家族構成 - 延床面積 110.14m²
UA値(外皮平均熱貫流率) 0.22 C値(気密性能) 0.45