ホーム > 住宅性能へのこだわり > 耐震

住宅性能へのこだわりquality

耐震

アシストホームの耐震性

外力を「面」でうけ変形度合いを小さく

外力を「面」でうけ変形度合いを小さく図解

木造軸組工法は、上からの荷重には柱と梁で、横からの荷重には筋交いで躯体を支えます。

そこに構造用パネルを張りめぐらせることにより、2×4のように面の強度もプラスされます。

外力は「面」にかかるため、変形の度合いが小さくなる耐震構造の住宅です。

設備一例

構造用パネル写真

←構造用パネルを張りめぐらせ「面」として耐震性を確保し、強度がプラスされる。

防風シート写真

←構造用パネルの外側には防風シートが貼られ、胴縁で通気層が確保された上に外壁材を貼る。

プレカット

高い精度でプレカットすることにより、施工の省力化や性能の均一化を図るとともに、より高い耐震性・気密性・断熱性を実現します。

設備一例

  • プレカット画像1
  • プレカット画像2
  • プレカット画像3

株式会社アシスト企画
〒001-0925 札幌市北区新川5条16丁目6番5号