スタッフブログ

平澤亜紀

【札幌市 再エネ省エネ機器導入補助金制度】のご紹介

2020年05月01日 12:07

こんにちは。


苦しい状況が続いていますが、そんな中でもみなさんそれぞれにおうちでの過ごし方を工夫していらっしゃるのではないでしょうか。




住まいづくりに関わる私たちも、今回のことをきっかけにこれからの時代に合った新しい住まいづくりの形をつくっていかなければなならないと痛感しています。




さて、今回は札幌市が新しくスタートさせた、住まいづくりにかかわる補助金制度についてお知らせします。


制度の名前は「再エネ省エネ機器導入補助金制度」、一見難しそうな名前ですね。


 


ポイントは、


H20年度から継続されていた「市民向け札幌・エネルギーecoプロジェクト補助金」が昨年度で終了し、代わって今年度から上記の新しい補助金制度がスタートしたという点。




pamphlet 1.jpg




「ecoプロジェクト補助金」制度が始まった当初は、補助金の対象機器に「エコフィール」や「エコジョーズ」などが含まれていましたが、だんだんとそれらが当たり前の設備として普及が進み対象機器から外れ、最終的に制度そのものが終了することになったようです。


 


今年度からはもう一歩進んだ形で、脱炭素社会の実現や自立分散型エネルギーシステムの構築による防災強化を推進するため「再エネ省エネ機器導入補助金制度」が新たに実施されることとなりました。


 


これも難しい表現になっていますが、次のような内容を目的としています。


・地球温暖化防止のために、二酸化炭素の排出量を減らす


・災害時、非常時でも最低限の電力を自家でまかなえるようにする


・再生可能エネルギーを有効活用する


pamphlet 3_ページ_1.jpgpamphlet 3_ページ_2.jpg




一般住宅に太陽光発電システムが導入されるようになってしばらくは、「電力の自家消費」よりも「売電によるイニシャルコストの早期回収+収入」が主な動機であったように思いますが、売電制度も大きく変遷し、地震によるブラックアウトを経験した私たち北海道民にとっては「災害時の電力自給」という点に意識が高まっているのは間違いないと思います。




札幌市「再エネ省エネ機器導入補助金制度」該当ページ


http://www.city.sapporo.jp/kankyo/energy/hojo/kiki.html




今回ご紹介した補助金制度以外にも条件によって利用可能な制度等ありますので、お気軽にご相談くださいね。