スタッフブログ

田口圭佑

改良された在来工法!

2022年05月29日 10:30

皆さん、こんにちは。
営業の田口です。


前回に引き続きモデルハウスの話になります。
現在工事中の現場を見て回ってるんですが気づいたことがありました...


何かが少ない...?


断熱材が施工されていたからか、聞くまで気づきませんでした...


なんと、『筋交い』が圧倒的に少ないことに気づいたんです!


IMG_1496.JPGIMG_1495.JPG ←※1階の筋交い


在来工法といえば、柱・梁・『筋交い』がたくさん立っているイメージだったので衝撃的でした...
なぜここまで筋交いが少ないのか聞いてみたところ、ただの在来工法ではなく「新」在来木造工法だったんです!


新在来木造工法とは、従来の在来工法を改良したもので
筋交いではなく、外部に構造用合板を施工することで耐震強度を強くしていたんです!


簡単にご説明すると、在来工法の良い部分と2×4工法の良い部分をとってくっつけた工法です!


外部の筋交いを施工しないことで、より真物に近い断熱材を入れれるため断熱性能が上がるということですね!
勉強になりました!


皆さんも構造見学会などに参加する機会がございましたら是非気にしてみてください!!