スタッフブログ

遠藤直子

玄関ドアの調整方法

2022年01月15日 16:44

皆さん、こんにちは。


今まで『会報誌』でお知らせしていた『建物のメンテナンス~永くお住まいになるには~』ですが、タイトルも変えて今回からこちらへ掲載させていただくことになりましたので、よろしくお願い致します。



今回は、『玄関ドア』です。
毎日毎日、何度となく開け閉めする玄関ドアですが、使い続けていることによって振動で、ネジやツマミが緩んできます。
ドアがストップさせたい位置で止まらなくなったり、閉じてしまったり、開閉スピードが速かったり、遅くて閉まりきらなかったりしてきませんか?
これらもご自分でメンテナンスできるので、ぜひ覚えてしまいましょう。




ドアのストップ位置を変える


 ①ドアを止めたい位置まで開きます。


 ②アームの付け根のネジをドライバーで締め付ける(ネジタイプ)、またはツマミを締める(ツマミ、レバータイプ)。



 4919-7.gif






ドアクローザーのスピード調整を行う


7215-2.png


 ①クローザーのタイプをご確認ください。
  タイプによって調整ネジ位置等が違います。


7215-3.png


 ②クローザーの調整ネジは、ドアの開く区間に対応しています。
  どの区間に調子が悪いか確認してください。


 ③プラスドライバーで少しづつ回転させて、動きを確認してください。
  わずかな調整で速度が大きく変わります。ご注意ください。
  右へ回すと遅くなり、左へ回すと速くなります。




ドアクローザーの形状や仕様はメーカーによって違いがあります。


簡単に説明をさせていただきましたが、基本的にはまずお手元にある取扱い説明書をよくご覧になってください。


今はネットでも閲覧することができますので、お手元にない方は探してみてください。



日頃はネジの緩みがないか、年に1~2回は確認すると良いかと思います。


もしドアクローザーから油が漏れてきたら交換時期かもしれませんので、ご連絡くださいませ。