ホーム > 新着情報 > 家づくりコラム  > 【家づくりコラム18】上手にローンを返す方法その2・借り換え

【家づくりコラム18】上手にローンを返す方法その2・借り換え

ライフプラン.png

こんにちは!家づくりコラムです。前回は「上手にローンを返す方法・その1」として繰上返済についてご紹介しました。今回は「その2」として借り換えについて見ていきましょう( ゚ω^ )ゝ

借り換えについて

借り換えとは、ローンを組み替えることで、高金利のローンから低金利のローンへの組み替えや、旧タイプからより有利な新タイプのローンへの組み替えなどがあります。

目的別に見ると、返済期間を短くする金利上昇リスクを回避する返済額を軽減する、などの目的があげられます。

 

返済期間短縮目的の借り換え

返済期間短縮目的の借り換えが効果的なのは、期間が長い固定金利型の住宅ローンを組んでいる場合です。しかし、金利の低下で利息が減った分を返済期間短縮に充てているため、毎月の返済額はそのままか、若干高くなることから、子供が独立したり、定年退職をされたご夫婦など、家計にある程度の余裕を見込める方に向いています。

 

18イラスト 返済期間短縮目的借り換え.jpg

 

金利上昇リスク回避のための借り換え

 変動金利型や、短期の固定期間選択型のローンの場合は、借り入れ後の金利上昇リスクを含んでおり、特に短期の固定金利選択型の場合、当初低く抑えられている分、一気に金利が上がる可能性があります。変動金利での借り入れから数年経過している、選択した固定金利期間が終わりにさしかかっているという場合は、全期間固定金利型(フラット35)や、長期の固定期間選択型への借り換えがオススメです。

 

18イラスト 金利上昇リスク回避目的の借り換え.jpgのサムネール画像

 

返済額軽減が目的の借り換え

返済額軽減が目的の借り換えは、金利が高い時に組んだ全期間固定金利型や、長期の固定期間選択型の住宅ローンに効果的です。例えば、固定金利型住宅ローンからフラット35への切り替えなどをあげることができます。

18イラスト 返済額軽減目的借り換え.jpg

 

 

 

異なる金融機関でローンの組み替えを行う時は、新規ローンと同様に手続きや担保設定に費用がかかるため、最低でも20~30万円の費用を要します

有利な借り換えの目安としては、残高が1,000万円以上、返済期間が10年以上残っており、借り換え後の金利が1%以上下がる場合です。

人生設計.jpg

いかがでしたか?ローンの借り換えには、金融機関への相談、抵当権抹消、役所への書類申請など、費用や手間がかかりますが、その分、繰り上げ返済よりも高い効果が得られる場合が多いようです。

事前によく調べて、価値があると判断した上で効果的に運用しましょう!

 

さて、次回は「上手にローンを返す方法」その3として、条件変更についてのお話です。こちらは余裕のあるメンテナンスとは異なる、最終手段ともいえる方法ですが、ローン返済が厳しくなった時の助け舟として是非知っておきたい知識です。次回もお付き合いくださいね。ありがとうございました♪

 

株式会社アシスト企画
〒001-0925 札幌市北区新川5条16丁目6番5号