ホーム > 新着情報 > 家づくりコラム  > 【家づくりコラム8】家づくりっていくらかかるの?

【家づくりコラム8】家づくりっていくらかかるの?

2f398742515f5243ab13d691f961b4ba_s.jpg

こんにちは!家づくりコラムです。

家づくりを考える時、依頼先の選定とともに気がかりなのがお金の話ですよね。【家づくりコラム2】のお金の準備の話http://www.assisthome.co.jp/news/2017/12/no.htmlの中でも少し取り上げましたが、今回から数回にわたり、もっと詳しく整理していきたいと思います☆是非おつき合いくださいね(^_^)


■家づくりにかかる費用は大きく分けて二つ

費用内訳.jpg

家を建てるのに必要な費用は、大きく分けて建築工事費諸費用に分けることができます。上の図を見ながら整理していきましょう。建築工事費は工務店やハウスメーカーなど、工事会社や設計事務所に支払う費用のことで、更に本体工事費別途工事費・設計料に分けられます。

 本体工事費は躯体工事費・仕上げ工事費・設備工事費といった直接建物を建てるためにかかる費用、別途工事費は建物の解体、地盤の改良、外構、照明器具、カーテン、空調・設備、屋外電気・屋外給排水・衛生、上下水道や通信回線等の引き込みといった本体以外の工事にかかる費用となります。

別途工事費はこうのように項目も多く、意外と費用もかかるので、予算組みの際は念頭に置いておきたいものです。また、諸費用は一般的に建築工事費の5%以上を見込んでおくとよいでしょう。(※諸費用については次回詳しく取り上げます)


■コスト面と資金調達面の2方面から考える

51f15704b54b6c003185634d3601798c_s.jpg

家づくりにかかるお金は、こうした家づくりにかかる費用その費用をどのように調達するかという2方面から整理します。コスト面では、建築工事費や諸費用、土地が無い場合は土地代、登記費用、住宅ローン手続き費用の他、引越し代や、新居で使う家具代なども考えておきます。資金調達面では、自分で用意できる自己資金と、金融機関などから借りる住宅ローンの組み合わせが一般的です。親御さんからの贈与の見込みがあれば、そうしたお金も含みます。

また、契約時や着工・上棟などの工事のスケジュールに合わせ、いつ、どこに、どれだけ支払うかという支払スケジュールがとても重要になってきます。こちらについても順を追って整理していきますので、おつき合いくださいね。

いかがでしたか?

 今回は主に家づくりのコストの仕組みをご紹介しました。コストの予測が立つことで、必要な資金額も明確になり、家づくりがより具体的になりますよね(^○^)パートナー探しの際にも意識しておきたいポイントです。さて、次回は家づくりにかかる費用の中でも一番??が多いかもしれない、諸費用についてのお話です。

それではまた。ありがとうございました( ゚ω^ )ゝ

株式会社アシスト企画
〒001-0925 札幌市北区新川5条16丁目6番5号