ホーム > 新着情報 > 新着情報  > 【家づくりコラム10】資金計画って何から始めればいいの?

新着情報News

【家づくりコラム10】資金計画って何から始めればいいの?

ebeb3aee52f77f30d146d26cdfd21989_s.jpg

こんにちは!家づくりコラムです。家づくりをスムーズに進めるためには、無理の無い資金計画を立てることが重要ですよね。とは言うものの資金計画って、一体何から始めたらいいのでしょう?順を追って一緒に見ていきましょう(`・ω <´)ノ


■現在の家計から返済に充てる金額を決めよう

マイホーム建築は大きな買い物。費用負担も大金となり、貯金があったとしても、全てを現金で支払うのは至難の業です。そこで意識したいのが、自分で準備できる自己資金と、住宅ローンなどの借入金。この割合を早い段階で決めておくことで、スムーズな家づくりが可能になります。


住宅ローンは、年収やローンの種類によって借入金の限度額が決まっています。でも、借入可能な総額からローンの金額を決めてしまうのは危険です。支払能力がどのくらいあるのかは、現在の家計から毎月の返済額と返済期間を考えることで明確になります。

 

■賃貸料から返済可能額を換算してみましょう

家づくり10 家計内訳図表.jpg


家づくり前の家計の内訳の中で、住まいにかかる費用は主に「毎月の家賃+駐車場代」。マイホームを持った後は、この分に加え、家づくりの資金として貯めてきた貯金の分を住宅ローンの返済額に充てる人が多いようです。

一見これで収まるように思いますが、賃貸の時とは違い、マイホームの場合は、固定資産税、都市計画税の他、将来的なメンテナンスやリフォーム費用なども確保しておく必要があります。つまり、無理の無い予算をざっと式にすると

現在の家賃+駐車場代+家づくりのための貯金

税金など家づくり後にかかるお金住宅ローン返済額

ということになります。(上の図を参照してください☆)その他、子どもの教育費や、レジャー、冠婚葬祭の費用などライフスタイルや志向によって、返済額の増減がありますがこうした目安をつけて、予算を立てるとよいでしょう(゚∇^d)

 

fbbcf6b6ac173983332838bf91433700_s.jpg

いかがでしたか?家づくりの資金計画は、家計の見直しから、ということでした。予算を立てることが目的ですが、無駄な出費を見直して資金に回すことができれば尚良いですよね d(⌒ー⌒)


次回はこのお話をより具体的に…自己資金と返済額の目安のお話です。引続きおつき合いください!ありがとうございました。

株式会社アシスト企画
〒001-0925 札幌市北区新川5条16丁目6番5号