ホーム > 新着情報 > 家づくりコラム  > 【家づくりコラム4】パートナー探しを始めよう・その2

【家づくりコラム4】パートナー探しを始めよう・その2

こんにちは!今日も前回に引き続き、家づくりのパートナー探しについてのお話です。今回は、大きく分けて3つあった依頼先ハウスメーカー、地場工務店やホームビルダー、建築家(設計事務所)のうち、弊社が該当する地場工務店やホームビルダーについてです。

■依頼先その2・地場工務店、ホームビルダー

868464.jpg


営業網を比較的狭い地域に限定し、地域に密着したサービスを展開している地場工務店やホームビルダー。フルオーダーの注文住宅を中心に請け負っており、地域の気候風土に適したプランや施工技術が魅力です。


■工務店とホームビルダーの違いって何?

工務店ホームビルダーは、同義語ですが、施工エリア年間の施工棟数の違いによって使い分けられているのが現状です。地域密着型の中小規模の住宅会社で、年間棟数が数棟~というのが工務店。ただ、〇〇工務店と名乗っていても、ホームビルダーやそれ以上の規模で事業展開をしているところもあり、一概に断言できない事情もあります^^;

 工務店社長が大工を兼ねている会社から従業員数百名という会社まで、その規模は様々です。伝統的な木造在来工法を中心とした家づくりで、仕様やデザインを規格化した自社商品を持たず、一棟一棟がフルオーダーメイド。コストパフォーマンスの高さにも言及できます。設計から施工まで一貫して依頼できますが、管理の段階では施工重視になる場合もあるため、デザインへのこだわりは、明確に伝えましょう。依頼先が直接施工をしてくれる安心感や、技術力の高さが魅力ですが、土地探しやローンなど、建築以外の業務にはあまり積極的でない会社も。その際は、自分で不動産会社や金融機関での交渉が必要になってきます。

一方、1~複数の都道府県や大型都市を施工エリアとし、年間棟数20~30棟以上を手がけるのがホームビルダー。規模や事業内容によって、地域ビルダー、ハウスビルダーパワービルダーなど、様々な呼称があり、広範囲の住宅会社を指します。(場合によっては工務店が含まれることも)規模が大きく形態がハウスメーカーに近いパワービルダーは独自の住宅商品やセミオーダーの規格型住宅を持っており、一定地域ではハウスメーカーを凌いでトップシェアを誇り信頼度を勝ち取っている会社もあります。

また、中小規模のビルダーほどフルオーダーメイドが中心。特徴としては設計、管理、施工までを一貫して行うため工事の進行がスムーズで安定していることや、規格化されたものがない分、自由度が高くなる傾向があります。土地探しを含めたトータルサポートが得意だったり、比較的リーズナブルな価格が叶うといった点も挙げられます。営業担当が居るホームビルダーについてはハウスメーカー同様、担当者の対応も見ておきたいものです。

 パワービルダー、中小規模のホームビルダーともに住宅展示場へのモデルハウス出展はほとんどありませんが、独自にモデルハウスを建てたり、大量発注のコストメリットを活かしたローコストな分譲住宅を手がけている会社も多いので、オープンハウスや現場見学の機会を利用して是非、実際の建物を確認しておきましょう。


974e03dc5610cafe8a188b0bd48b0f54_s.jpg

いかがでしたか?ひとくちに工務店、ホームビルダーと言っても、その事業内容や範囲は様々。依頼したい会社がどのような家づくりをしているのか、土地探しやローン契約、設計、施工と、どこまで依頼できる会社なのか、地元の評判も含めてしっかりとチェックしておきたいものですね。

 ちなみに弊社は、札幌市とその近郊を施工エリアに持つ中規模のホームビルダーになります。弊社の家づくりについては次回、じっくりお伝えしたいと思います(*'-^*)

 次回も是非お付き合いください。ありがとうございました!









株式会社アシスト企画
〒001-0925 札幌市北区新川5条16丁目6番5号